本文へ移動

社長ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

小学校で

2013-03-07
小学校廊下
耐震改修工事
仕事の合間に小学5年生になる息子の保護者懇談に行ってきました。
廊下には子供達の作品が展示してあります。
それぞれの作品には大胆な発想や個性があってとても感心させられます。

窓から覗けば校舎の壁には耐震改修工事が施してありました。
これも結構大胆な仕事だね~
息子の学業のほうは補強工事は必要なさそうだったのでホッとしました(*^_^*)

 春 だよね・・・

2013-03-05
お野立所1
お野立所2
お野立所3
工事中の花回廊現場です。
材料等の遅れや悪天候のせいもあって作業がはかどらなかったのですが、
天気も良くなってきて工事の進捗率も上がってきました(^^)
とはいえまだまだ安心できない状況なので明後日からさらに増員する予定にしています。
ちょっと前まで本当に寒い中での仕事、職人さん達には申し訳なかったのですが、もうひと頑張り宜しくお願いします。多分もう雪は降らないでしょう・・・

今日は天気も良く建物の後ろの大山が良く見えました。
とても景色の良い場所です。
ゆっくりと景色を楽しむ為にも目の前の工事を無事完了させたいと思います。



さすがの職人

2013-03-02
組子1
組子2
組子3
打ち合わせから会社に帰る途中、お付き合いのある建具屋さんにちょこっと寄ってみました。
なんでも6月に開催される「全国建具フェア鳥取大会」に出品される木製建具を製作中とのこと。
建具屋さんの技術を競う全国大会だそうです。
主に和風の家に使われることが多いのですが細工の細かさにはちょっと驚きです。
薄い木で組まれた3㎝にも満たない沢山のマス目の中にこれまた小さく薄い木で作られた組子とよばれる部品をはめ込んで模様を作っていきます。
パーツの数は何万、何十万にもなるとか・・・
その周りに枠を組んで襖や障子のような建具になりますが職人さんの技術には感心しきりでした。
まだ出品前なので全体をお見せ出来ないのは残念ですが興味のある方は6月21日~23日に鳥取県立産業体育館へ行ってみてください。

近年、和風住宅及び和室をつくる割合が減少傾向にあり職人さんの伝統技術を活かす場が減ってきたように思います。また職人を目指す人も減り技術の継承も難しくなってきました。
これから先心配なことではありますが、職人さん達の技術を活かしながら今の時代にあった家づくりをできればと考えています。

ちなみに今春高校卒業したての男子が大工見習いとして入社します。
しっかり技術を学んで立派な大工職人になってくれればと期待しています(^^)

ちょっと悲しい仕事

2013-02-26
解体1
解体2
境港某所で古くなった家の解体工事が始まりました。
使われてない期間が長く、また手入れもしてなかったのでリフォームするよりは建て替えをという判断で解体することになりました。
家は手入れさえしてやれば長持ちするのですが、まぁいいやで放っておくと手遅れに…なんてことになります。
お客様も手入れしておけばよかったなぁと残念がっておられました。

写真は屋根瓦を降ろしたところです。明日には重機で本格的に解体が始まりますが、あっという間に解体されてしまいます。

沢山の解体工事をしてきましたが、この作業はいまだに明るく楽しい気持にはなれませんね…

松江市で

2013-02-22
昭和軒
リフォームの打ち合わせで境港経由で松江市に。
高速で行った方が早く着くんだけど中海の景色見ながらの移動は癒されるから地道を選択(*^_^*)

途中島根大学ななめ前のラーメン屋さん「昭和軒」で早めの晩御飯。
「昭和軒」は3年前に弊社が店舗改装をしました。
明るく面白い店主がつくるラーメンは昔懐かし屋台風の味でいい感じ。
いつも賑わっているから施工した方としては嬉しいんだけど、
店主曰くホドホドじゃないと体がもたない・・・とか
まぁそんなこと言わずに頑張ってさらに店舗拡大→弊社施工 とお願いしたいところです(笑)

TOPへ戻る